カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声
注目キーワード




ルミエール プレステージ ミルズ 2020 750ml [日本ワイン]





ミルズの魅力は他のブドウではつくり出し得ない魅惑的な香り。
バラの香り、ライチの香り、サツマイモの香り等。近年では栽培者の限られる希少品種となったミルズをこのワインでは贅沢に100%使用。
一度冷凍してから甘みを増してから仕込みにより、ライチのような華やかな香りが溢れます。

品目:果実酒 原材料名:ぶどう(山梨県産 ミルズ)/酸化防止剤(亜硫酸塩) アルコール分:9% 内容量:750ml タイプ:甘口 製造者:株式会社ルミエール

ルミエール プレステージ ミルズ 2020 750ml [日本ワイン]

価格:

3,080円 (税込)

備考欄:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる





山梨県産の稀少な品種「ミルズ」を使い、ブドウの個性を大切に仕上げました。 優雅なバラのような花の香りが豊かに香ります。アルコール分が控えめで、口当たりは優しく柔らかく、デザートワインとしてもお楽しみ頂けます。

魅惑的な香りのミルズ みなさん、ミルズというブドウを御存じですか?今ではあまり顧みられることがなくなってしまった、しかし、非常に大切なブドウの品種の名前です。 このミルズとは1870年頃、北米オンタリオ州でミルズ氏(William.H.Mills)がマスカットハンブルグとクレベリングというブドウを交配してつくられました。 3/4がヨーロッパ系ブドウ(V,vinifera)の血統で残り1/4がアメリカ系ブドウ(V.Labrusca)ということになります。 かつては山梨県を中心に赤ワイン向けの醸造用ブドウとして広く栽培されていました。 その品質の評価は高く、赤ワインの原料として、メルロと同等あるいはそれに次ぐ品種として扱われていました。 しかし、栽培がやや難しいこと、色素がやや薄いことなどから次第に栽培面積は減ってしまったのです。 しかし、減少してしまった全体での栽培面積を尻目に、自園と契約栽培のブドウを用いて、ミルズの魅力をルミエールは追い続けて来たのです。 ミルズの魅力とはいったい何なのでしょう?それは、ミルズ独特の、他のブドウではつくり出し得ない、魅惑的な香りにあると思います。 バラの香り、熟成したブルゴーニュの香り、あるいはサツマイモの香りなどなど、いろいろな表現がありますが、それらが複合的に重なりあった個性がそこにあります。 ミルズの母親は前述のようにマスカットハンブルグというマスカット系のブドウです。 このマスカットの血が赤ワインへと変貌する中で生まれるのがミルズ独特の香りなのです。 マスカット系のブドウ中にはモノテルペンアルコールという成分が多く含まれています。 この香りはいわゆるマスカット香りと呼ばれるもの、また柑橘類など爽やかさを感じさせるフルーツの香りです。 そして意外にも芋焼酎にも含まれており、なぜかミルズのワインがサツマイモを思わせる香りを持つのか理解出来ます。 1998年の雪害により、ルミエールの大棚でつくられていたミルズの樹は息絶えてしまいました。 しかし、その樹の穂は現在の垣根に植え替えられ、生まれ変わったブドウから、再びミルズのワインが少しずつ増えつつあります。 現在、そのような状況から、ミルズの在庫は決して多くありませんが、着々と増産、そしてさらなる高品質のミルズへの訴求は続いています。 ルミエール独自の個性を生み出すこのミルズをこれからも大切にしたいと思っています。 (ルミエールホームページ参照)



ルミエール プレステージ ミルズ 2020 750ml [日本ワイン]

価格:

3,080円 (税込)

備考欄:
購入数:
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる





~本物のワインを作るには本物のぶどうを育てること~


創業からこの教えを忠実に守り、自社農園の開拓、ぶどうの改良、ヨーロッパ品種の導入など、品質へのこだわりはルミエールの至宝のワインとして見事に結実しています。
格式と風格あるワインをつくり続けてきた伝統。ルミエール=光という名のごとく、これからも日本のワイン文化に輝きを与える光でありたい。
山梨県笛吹市一宮町南野呂はぶどう栽培に適した土壌と天候に恵まれた地域。ルミエールは他とは違う一味違うワイン造りをしております。
炭酸ガス挿入では無いスパークリングワインはきめ細かな泡で人気があります。また、ルミエールだけの石倉発酵槽のワインは醗酵時温度が安定し美味しいワインが作られています。


ページトップへ